MENU

排卵検査薬を簡単に購入したいなら海外通販が便利

日本国内で排卵検査薬を購入するのは、あまり簡単とは言えないそうです。それを最初聞いた時は、ドラッグストアに売っているものではなく、産婦人科等で診察を受けて処方箋をもらわないと購入できないのでは、と思いました。しかし、実際のところ、その予想は一部違っていました。

 

確かに、薬事法という法律の関係で、排卵検査薬はドラッグストアでは売れないことになっているため、購入のためには調剤薬局に行くしかありません。ただし、予め診察を受けて処方箋をもらっておく必要は無いそうです。調剤薬局って、処方箋が必須というイメージがありましたが、そうじゃない薬も一部あったんですね。

 

しかし、調剤薬局の場合、薬剤師さんに直接、排卵検査薬が欲しい旨を伝えなければいけませんから、ちょっと躊躇する人も多いと思います。特に、薬剤師さんが女性ではなく男性だった場合は。そこで、もっと簡単に排卵検査薬を購入する手段があります。それは、個人輸入。

 

なんでも、海外製の排卵検査薬を、何かあった時は自己責任ということになりますが、通販のように購入できるのだとか。しかも、値段は日本製のものの10分の1位で済むため、コストパフォーマンスも良く、50本単位とかで売られているため、定期的に買い足す手間も省けるとのことでした。

 

 

排卵検査薬は市販されているけど

 

排卵検査薬は市販されているそうですが、残念ながらドラッグストアには置いていないそうです。では、どこなら販売しているのかと言うと…調剤薬局です。なんでも、排卵検査薬なら処方箋が無くても、調剤薬局で買うことができるのだとか。

 

しかし、調剤薬局で買う場合は、薬剤師さんに直接「排卵検査薬を下さい。」と言わなければいけないので、恥ずかしいと思う人も多いと思います。妊娠に関することなため、デリケートな話ですし、薬剤師さんが必ずしも女性という訳ではありませんから。それに、買う回数を重ねることに、どんどん気まずくもなりそうです。

 

そのため、調剤薬局で市販されているとは言っても、全員が全員、お世話になっているという訳ではないそうです。では、調剤薬局で買わないなら、どこで買うのかと言うと、ネットみたいです。なんでも、排卵検査薬を個人輸入するという方法があり、これなら通販と同じような感じでとても簡単なのだとか。

 

ただし、個人輸入には通販と違う制約があって、何かトラブルがあっても全て自己責任だそうです。それでも、直接口に入れたり体に塗ったりする訳ではない排卵検査薬なら、トラブルと言っても精々不良品だったくらいのことだと思うので、簡単に購入できるというメリットの方が大きく上回ると思います。

 

 

排卵検査薬は調剤薬局にしか無い!? 

 

排卵検査薬は市販されていると言いますが、実際のところ、ドラッグストアでは売っていないそうです。では、どこでなら売っているのかと言うと、よく病院の周りに見られる、調剤薬局です。ただし、調剤薬局とは言っても、予め病院で診察を受けて処方箋をもらっておく必要は無いみたいです。

 

処方箋無しでも調剤薬局で購入できるというのは意外でしたが、それでもちょっとハードルが高いように感じます。なぜなら、調剤薬局のシステムだと、薬剤師さんに直接頼まないといけないからです。薬剤師さんが女性ならまだ良いですが、そうとも限りませんし。

 

加えて、排卵検査薬は、まとめ買いも禁止されているため、毎月買い足さなければいけません。つまり、同じ調剤薬局でずっと購入するとなると、月を重ねる毎にどんどん気まずくなっていくんですね。薬剤師さんから、「また妊娠できなかったんだ…」という視線を受けるのは、考えただけでも嫌です。

 

そうかと言って、調剤薬局はドラッグストアと違って数が限られていますから、買う場所を定期的に変えるというのも簡単ではありません。となると、市販されているとは言え、まだまだ排卵検査薬は購入しやすいとは言えないんですね。そのため、安い海外製の排卵検査薬を個人輸入で購入している人も多いとのことでした。

 

 

不妊治療で悩む先生とは?

 

排卵検査薬には陽性に変わる基準となるlhホルモンの数値が定められています。
通常、lhホルモンの数値が25hLHlhになると排卵検査薬が陽性反応になることが多いですね。
でも、不妊治療の病院を選ぶときには、先生との相性を考えないといけません。
特に生理周期が乱れている人は、不妊治療の病院にお世話になることが多いと思います。
先生との相性っていうのは、実際に会って話してみないとわかりません。
特に初診はすごく緊張しますよね。
不妊治療の腕は良いけど、会話がそっけない先生とか。
逆に安心感はあるけど、不妊治療の腕が悪い先生もいます!
これが本当に難しい!
不妊治療で最も悩むのは、どっちかっていうと、後者の場合!
先生との相性が良いから、通いやすいけど結果が出ないでずるずると行ってしまい、後になってから転院を考えるケースです。
先生自体は気に入っているけど、やっぱり子供が出来ないのであれば、意味がありませんからね。
先生とのおしゃべりのためだけに、高いお金を払っているわけではありません。
子供が出来ないのであれば、ある程度の様子を見て、違う病院へ通うことも考えた方が良いですね。
結果の出ない病院では、時間の無駄になってしまう可能性があります。

 

子供が出来ない理由

排卵検査薬はlhホルモンの数値が高くなると陽性反応になりますが、lhホルモンというのは、元から体内に存在ます。
そのため、lhホルモンの数値が体質的に高い人は排卵検査薬を使うと、陽性反応が出やすいと言う特徴があります。
ただ、夫婦どっちかが、淡白だとセックスレスってなりやすいですよね。
昔は、男性の性欲についていけない女性が多かったと思いますが。
今は女性の方が誘って、男性が仕事で疲れていて断るっていうことも多いようですからね。
でも、それでは子作りはできないので、すごく問題になってしまいます。
私の友達も、大学時代から結婚したせいか、付き合いが長くて、セックスレス気味だと悩んでいます。
セックスレスの一番大きな問題は、やっぱり子供は出来ないこと!
子供が欲しい友達にとっては、セックスレスはかなりの問題!
でも、旦那さんは子供が欲しくないせいか、セックスレスでも全く問題がないと思っているようです。
夫婦でもこれだけ考え方が違っていると、やっぱり大変ですよね。
でも、セックスレスのママでは、いつまで経っても、子供は出来なさそうです。
長く続いてしまったセックスレスは、それだけ改善するのも難しいので工夫が必要になってしまいますね。

 

排卵検査薬はlhホルモンの数値が非常に大事

排卵検査薬を使う妊活では、lhホルモンの数値が非常に大事になってきます。
体質的にlhホルモンの数値が高い人もいれば、少ない人もいますので、排卵検査薬との相性が存在します。
ただ、第二子不妊ってすごく立場が複雑。
第一子不妊の人と話すことがあると、第二子不妊だと告げると、「一人いるからいいじゃない」みたいなことを言われることがあります。
まあ、確かに、第二子不妊の方が、既に子供がいるだけに問題が少し軽く感じられるケースが多いのだと思います。
でも、第二子不妊だって、子供が欲しい気持ちは同じ。
第一子不妊の方が偉くて、第二子不妊は贅沢みたいな雰囲気があると、ちょっと悲しくなってきてしまいます。
全員がそういうわけではありませんが、やっぱり第二子不妊の場合の方が、周りから見た時に、あまり大変だと思われないような気がします。
でも、子供に兄弟を作ってあげたいっていう気持ちもありますし。
至って本人は真剣に悩んでいるんですけどね。
悩みの深刻度なんて、結局は本人にしかわからないのかなって思います。
人がどう見ても、自分が悩んでいれば、それは他人と比べることは出来ないと思います。
妊活も他人に相談しにくい悩みなので、孤独ですよね。

 

 

海外では代理母出産もアリ

排卵検査薬はlhホルモンの数値が急上昇するのを感じると、陽性反応になる仕組みになっています。
lhホルモンの数値の急上昇を、『lhサージ』と言い、排卵検査薬の判定ではすごく大事なポイントになっています。
でも、日本と海外って、結婚や出産の感覚が全然違いますよね。
クリスティアーノ・ロナウドなんかを見ていると、やっぱりお金持ちは違うなって思います。
クリスティアーノ・ロナウドは、未婚ですが、既にお子さんだけはいますから。
クリスティアーノ・ロナウドにそっくりなお子さんで、間違くなくクリスティアーノ・ロナウドの子供だろうなって思いました。
でも、クリスティアーノ・ロナウドの子供は出生が謎に包まれています。
一部では代理母出産させたっていう噂ですからね。
子供は欲しければ、自分が産めない場合は、海外では代理母出産で子供を持つってこともアリなんですね。
ただ、代理母出産は、日本では禁止されているようですから、まだまだ問題が複雑ですよね。
それでも子供が欲しい人っていう人はやっぱりいるんだろうな。
日本以外の国で代理母出産を行い、子供を手に入れる夫婦もいるくらいですからね。
やっぱりそれだけ、自分の子供が欲しいっていう気持ちがあるんでしょうね。

更新履歴