MENU

メデラの搾乳機か?葉酸サプリか?

メデラの搾乳機は、母乳が出ないで困ったお母さんにはお馴染みだと思います。
私も実は、メデラの搾乳機にお世話になった一人で、出産後に退院した後も、レンタルで借り続けました!

 

さすがに搾乳機もレンタルすると、ちょっと出費がかさんでくるので、それまで利用していた葉酸サプリのベルタの定期便を解約することにしました。
でも、ベルタ葉酸サプリの定期便の解約は、色々と条件があって、7回目以降じゃないと解約できないシステムになっています。

 

私は妊娠前からずっと頼んでいたので、解約するのに必要な条件を満たしていたから、簡単に止めることができました。
ただ、妊娠中期とか妊娠後期から飲み始めた人の場合は、規定条件をクリアできないで、産後すぐに解約できない可能性もありますので要注意です。

 

搾乳機と葉酸サプリだったら、やっぱり赤ちゃんのためには搾乳機の方が絶対に必要ですし、金銭的な負担も大きくなるので、やっぱりどっちかに絞りたいですよね。

 

お金に余裕がある場合は、搾乳機も葉酸サプリもどっちも続けた方が良いと思いますが。
私は背に腹は代えられぬ思いで、メデラの搾乳機を取りました。

 

よく使うので搾乳機もレンタルではなく、現品を購入しようかと考えた時期もありましたが、今になっては買わないで良かったと思います。
排卵検査薬 海外通販

 

二分脊椎症は葉酸で予防できる

葉酸とは、水溶性ビタミンB群の一種でタンパク質や核酸の合成に働きかけ細胞の生成を促し身体を成長させます。
そのため不足すると、大切なDNA生合成が出来なくなり、細胞分裂が盛んな所に障害が起こります。

 

そのため、胎児の細胞分裂が盛んな妊娠初期に不足してしまうと
細胞分裂が正しく行われず奇形などの原因となってしまいます。

 

妊娠4週前から妊娠12週までは特に注意が必要で、葉酸を含む食品やサプリメントの積極的な摂取が必要になります。
葉酸が不足して起こる先天異常を、神経管閉鎖障害といい、脳や脊髄などの神経管に閉鎖障害が発生します。

 

神経管の下部に閉鎖障害が発生した場合を二分脊椎症と呼びます。
また、上部で閉鎖障害が発生した場合は無脳症になり、流産や死産の危険性があります。

 

二分脊椎症は脊椎の管の中にあるはずの脊髄が外に出てしまい癒着や損傷を起こすため様々な神経障害を発症します。
下肢障害や知覚麻痺などが起こりやすいのですが閉鎖障害の発生部位の範囲によって症状の個人差が大きくなります。

 

二分脊椎症の発生率は、分娩10000件に約6名と言われています。
葉酸を摂取する事で発生率を下げる効果があるので
周囲に妊娠の可能性のある人がいる場合は教えてあげたい情報です。